国立研究開発法人産業技術総合研究所

人間拡張センターのロゴ

Human Augmentation Research Center

ポスター展示(案)

コロナ禍・ポストコロナ関連
「拡張テレワークとそのインパクト(仮)」 (渡辺 健太郎)
「製造業のサービス化コンソーシアムの紹介」(渡辺 健太郎?)
「ニューノーマル時代におけるサービス業のデジタル化戦略」 (竹中 毅)
「社会的距離確保による地域活動への影響調査」 (梶谷 勇)
スマートセンシング
「蓄エネルギー構造を有する新規水分センサの創成」 (泉 小波)
「インクジェットヘッド内部振動の等価回路解析における非線形素子モデリング」 (吉田 泰則)
「人の動きのデータ化に向けたウェアラブルひずみセンサの開発」 (金澤 周介)
「折って積層できる全固体電池(仮)」 (鈴木 宗泰)
「センサ性能を引き出す「拡張センシング技術」」 (尾形 邦裕)
「高精度マーカの開発と社会・産業への応用」 (田中 秀幸)
「ウエアラブルデバイスを用いたコンテキスト情報の収集に向けて」 (幸島 明男)
「屋内測位国際競技会を通じた測位技術の評価指標の設計」(一刈 良介)
運動機能拡張
「介護施設と連携した高齢者の歩容と重心動揺の解析」 (田脇 裕太)
「転倒メカニズムの解明と転倒リスクの評価技術の確立」 (藤本 雅大)
「日常生活歩行計測(仮)」 (小林 吉之)
「性別および年齢が歩行中の重心の動的安定性に及ぼす影響(仮)」 (肥田 直人)
「動きを変えるとヒトも変わる,運動・感覚能力の拡張」(村井昭彦)
「動きを変える,トレーニングへのDH技術の利活用」 (鷲野 壮平)
「ヒトが変わる,計算論的神経科学にもとづく運動学習機序の解明」 (中野 信泰)
認知環境コミュニケーション
「時短デザイン:知覚認知プロセスの情報処理速度の解明とアクセシブルデザインへの応用」 (髙瀨 愛理)
「VR実験心理学:アバターへの身体所有感の”憑依”に関する触覚とジェンダーの影響」 (花島 諒)
「多感覚情報に対する認知の多様性:視聴覚刺激への注意と記憶における感覚優位性の個人差の研究」 (澤田 華生)
「買い物体験における認知行動の多様性を評価するためのパーソナライズVR店舗システム」 (大河原 一輝)
「生理量を用いて作業中の感情・感性は推定できるか?(仮)」 (梅村 浩之)
「熱的快適性と睡眠環境(仮)」 (森 郁惠)
「音環境理解に基づく人と人のインタラクションに係る解析手法」 (河本 満)
ダイバーシティ・インクルージョン
「ダイバーシティ・インクルーシブな社会の実現に向けた認知拡張技術の開発」 (大山 潤爾)
「アンドロイドロボットのASD児による調節可能なインタフェースの開発(仮)」 (脇田 優仁)
「デンマークの医療福祉分野における技術評価について(仮)」 (本間 敬子)
「介護レセプトデータを用いた福祉用具の利用分析」 (松本 吉央)
「視覚障害者に固有な聴覚・触覚での質感におけるメカニズム解明と提示方法開発」 (三浦 貴大)
「OTASCE Map: 音触提示を組換え可能な視覚障害者用マップビューア」 (松尾 政輝)
「感性的多様性を考慮する画像強調手法の開発(仮)」 (坂本 隆)
スマートワーク
「飲食サービス業におけるVR業務訓練システムの開発(仮)」 (大槻 麻衣)
「「はたらく」を支える技術」 (大隈 隆史)
「製造業におけるロケーション・インテリジェンス」 (蔵田 武志)
「外食店舗での作業発生予測に基づく時系列ラベル付与ツールの開発・評価」 (加藤 狩夢)
「要因に基づく機械学習統合環境PADOCの公開」 (中井 眞人)
「建設機械と人間の協働で変える仕事環境(仮)」 (池田 昌弘)
サービス・共創場
「人の知識と知恵、人間力を拡張:データ知識構造化ベースの対話AIに向けて」 (西村 拓一 ら)
「健康経営における取り組みに対する効果のモデル化」 (三輪 洋靖)
「経済実験を用いた質が不確かな財の消費者評価推移分析」 (高橋 裕紀)
「デジタル技術活用型サービスシステム設計に向けた参加型ワークショップの実践」 (常友 魁人)
「共創の場の作り方(仮)」 (小島 一浩)
「当事者との共創に向けた対話の場のデザインのための実践と分析」 (大浦 楓子)?

▲Top